休日の腰痛整体施術

西所沢接骨院のブログへようこそ!

当院は祝日祭日も施術を行っております。
盆暮れ正月はお休みを頂いておりますがGWも基本的に施術を行っております。所沢の治療院、施術院、接骨院、整体院としては希少な存在かもしれません。

突発的な腰痛や足を挫いてしまったことによる捻挫など(骨折、捻挫、脱臼、打撲)に関して第一次救急医療としての役割を担えるようなつもりで日々業務を行っております。

通常の整体院では扱えないし扱うべきではない外傷に対して外傷のプロとして対応することはもちろん、救急病院や整形外科勤務時代の経験を生かした鑑別診断(見極め)やアドバイスを行えるように準備しております。

これだけ整形外科が増えた昨今でも多忙のためか外傷の取り扱いが雑に行われている印象は否めません。

骨折の場合は骨さえつけば役割は終わり、ギッグリ腰の場合は骨には異常ないから薬を飲んで痛みを散らすか、コルセットを巻いておけばよいでしょう!的な処置というか応対が目立ちます。

状態は評価してもらえても肝心な各人生活に応じた指導や配慮というものが無いような気がしてなりません。
歩行や階段昇降一つとってみても怪我したあとの動き方には「コツ」というものがあるのです。

怪我をして「手術」「整復」「固定」等々色々治療はあるでしょう。
それはそれで良いのですが骨を接いで終わり。薬を出して終わり。のような対応をする専門家があまりにも多いようです。

少なくとも我々柔道整復師の感覚でみた場合は整復をして固定をしてからが本当のスタート地点「治療の始まり」なのです。
その患者さんを待ち受けている日常に対していかに順応できるようにして差し上げるのか?

通院時間が厳しいなら応じられる範囲で時間に融通を利かせてあげたりと古き良き時代のかかりつけの先生といった感じでしょうか!

所沢にお住まいの方、もしくは西東京地域にお住まいの方で医療機関を受診しようと思われた場合に兎にも角先にも先にやっておくべき処置があります。

ご存知かもしれませんが「アイシング」と言われる処置になります。