雪かきで腰痛になる

ブログをご覧いただきありがとうございます。

冬になると所沢でも稀に積雪がみられることがありますが雪が積もった後には雪かきが待っています。

雪かきで腰痛を発症し施術を受けられるケースが西所沢駅前接骨院でも多々診られます。
なぜ雪かきの後に腰痛がはっせいしてしまうのでしょう。
考えられることとしては普段使わない筋肉を多用することにより体の均衡が崩れ腰に対するストレスが増すことが考えられます。

また冷たい外気に晒されながら行う雪かきは開始当初こそ寒さを感じますが団々と体が温まることで衣服の下に大量の汗をかくようになります。
汗をかいた衣服のまま過ごすことで今度は体が冷えて仕舞うのです。
その冷えた状態では下半身から腰周りの筋肉が緊張してしまうのです。

緊張を放置することで少しの刺激でも急性腰痛を発生しやすくなります。

では実際に急性腰痛(ぎっくり腰)を発症してしまった場合はセルフケアーとして氷水を作り腰を15分程度冷やして頂くと痛みが和らいでくるのが感じられます。
もちろんこれで治るわけではありませんがダメージの広がりを抑える効果が期待できます。

また適時専門家の指導を仰ぐことも大切です。
整形外科病院や近くの整骨院にご相談ください。

西所沢駅前接骨院の腰痛専門施術のご予約は04-2935-4990へどうぞ。