所沢市、狭山市、入間市で長引く腰痛にお困りなら「腰痛・ヘルニア専門 西所沢駅前接骨院」

院長経歴

「院長プロフィール 熱い想い」

西所沢駅前接骨院 院長
小野澤良太(おのざわりょうた)
DSCN2592 - コピー

昭和53年 埼玉県所沢市生まれ
幼少の頃より飯能に移住し小学校高学年の時には海外での生活も経験する

野球、柔道、バスケットボール、空手、ボクシングなど一通りの運動を行ってきた。高校では甲子園を目指し野球に専念するも体の故障で思い通りにプレーできない悔しさを味わう。当時は高校も辞め、いっそのことお寺で修行でもしてしまおうかというところまで思い悩んでいた。

この時のとても辛い経験から身近で心身の正しいケアーを教えてくれる指導者が必要だと考え始め体の痛みや、体に対する無知からくるオーバーワークが原因で自分の夢や目標に対して立ち止まってしまっている人の応援をしたくて治療家を志し高校卒業とともに単身上京し世田谷の三軒茶屋整骨院に弟子入りをする。

数々の整骨院、クリニックで経験を積み、2次救急整形外科病院においては手術の補助も経験する。その他、冬場にはスキー場の救護活動にも参加。警視庁アメリカンフットボール部におけるトレーナー補助活動もおこなってきた。

2012年の開業時より常に良いものをご提供できるように家族団欒の時間を割いてまで勉強会に参加し最新の施術、理論、健康アイテムを大切な患者様にご提案している。圧倒的に長い施術時間以外での日常生活をいかに健康に暮らしていただけるのか日々情報収集、技術の研鑽に努めている。



昨今の保険事情、同業者の終わりなき不正問題、柔道整復師に対する国のスタンスに対し疑問を感じていたため、国家資格を有する者の責任として気持ちよく施術を行い、保険の枠に縛られない高度な施術をご提供できるよう保険取り扱いを止め自費施術院として施療を行っている。

整形外科医の不足していた時代が過ぎ去り、整形外科医の充実した現代において診断権もない、レントゲンのとれない条件で突発的な外傷を対象とする我々柔道整復師の役割とは一体何なのか?
個人レベルを超えて社会に問う最大のテーマである。


仕事以外では基本的にスポーツが好きでたまの休日はランニングやシャドーボクシングをデトックスも兼ねて行っている。自己満足の手料理を家族にふるまって、何度も「おいしい?」と尋ねてしまう癖がある。
アウトドア-も好きで突発的にキャンプに出掛けることがある。
仕事の後のご褒美は世界一美味しい「串若丸」で美味しい焼き鳥をいただくこと。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional